SSブログ

村のあかり [住]

お正月の塩ハウス

旦那さんのお塩は、こんなきれいなハウスの中でできています。
それぞれの箱に入った海水を、毎日手でもんで出来上がっていきます。

お正月のピンとした空気。

5D884BCD-2B75-486F-97EB-9DCE14AD82E4.jpeg

今年は帰省しないのかい、と村のいろんな人に聞かれて
はい、こっち(高知)におります、と答える。
あら、両親のために帰ってあげなよ、と言われると思いきや、みんな「あらそう」と、妙に嬉しそうに野菜やお米を下さる。

はて?

お正月は、あちこちから子供や孫が村に戻ってきて、普段ない子供の声が響き渡っていました。でも三が日が過ぎてみんな帰って、なんだか村全体がしょぼんとした感じ。。(うちも実家にはそんな思いをさせているのかな、、ごめんなさい)

昨日、お隣のおじいに回覧板を持って行ったら、「あいつは明日あたりこっちに戻ると言っとったが...」と心配そうに言う。あいつとは、そのまた隣の移住者で、彼は帰省していたのです。
「ああ、今電気がついてたので、戻ってきたみたいですよ。」
と伝えると、「そうか!!!」とそれはもう満面の笑み!!

本当に、一件に明かりが灯るだけで。若者が1人いるだけで。
村全体がふわっとあたたかくなる。
安心感が違う。

後継者の出て行った高齢化した村の、切なさ、不安。
でもちょっとずつ、息子さんがもどってきたり、移住者が増えたりして、希望が見えてきたような。
村の人たちにはお世話になりっぱなしだけど、あかりをつけているだけで、ちょっとは、貢献できているかな、、と思ったりしたお正月でした。

本年も、どうぞ宜しくお願い致します。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます